もしものときのためのペット用保険について

ペットには人間のように健康保険がありませんから、病気や事故で大きな治療費が必要となってしまった場合、治療費は100%自己負担となってしまいます。
そんな万が一の高額負担を避けてペットに必要な治療を受けさせてあげられるサービスが、ペット用保険です。
もちろん、人間の保険同様にたくさんの保険会社があり、契約内容に応じた保証を受けることができ、保険料を支払う必要もあります。
ご自分のペットにぴったりのペット用保険を選んで、もしものときのために備えましょう。

需要が高まるペット用保険

近年はペット用保険の注目度が高まっており、加入者も増えています。
ひと昔前であれば、ペットが事故や病気で治療が必要になってしまったとしても、仕方がないとして自己負担が当たり前でした。治療費が高額で、また治療しても無事成功するかも分からないこともあり、治療そのものを諦めてしまう飼い主も少なくありませんでした。
ところが、ペットは人間と動物の関係を超えて家族の一員として考える飼い主の方は増えていき、また治療技術も進歩してペットの寿命も長くなりました。
大切な家族の一員に必要な治療を受けさせることができれば少しでも長く一緒に過ごすことができるようになるとはいえ、もしものときの治療費が高額で金銭的負担の理由から治療を受けさせたくても受けさせられないとなってしまえば、それはとても残念なことです。
そんなときでもペット保険に加入していれば、治療費の一部を保険が支払ってくれるため、自己負担分を大幅に下げることができます。
晩婚化や高齢化、核家族化など、ペットを求める方が増えた社会になりました。
それと同時に、高額な治療費まで負担できる経済的余裕がない方が多いのも事実です。
そんな飼い主たちでも毎月の低価格な保険料を支払うことで万が一に備えることができます。
ペット保険は裕福な飼い主に向けたリッチなサービスというよりも、一般向けのリーズナブルなサービスと言えるでしょう。

どんなペットが保険に加入できるのか

ペット用保険を提供する会社によって、どんなペットが加入可能なのかは異なります。
基本は犬と猫という一般的なペットに対する保険が主ですが、それ以外のウサギやハムスター、フェレットのような小動物、鳥類や爬虫類、両生類など、様々なペット用の保険も用意されています。
ただし、ペットの年齢や病歴によっては加入できないこともあり、私たち人間が加入している生命保険と同じような条件によって判断されます。
先に述べたように、ペット用保険の選択肢は豊富なので、ある保険会社では加入できないとしても、他では加入できることもあるので、諦めてしまうことはありません。ある一定の年齢を超えると加入できる保険もあり、犬を例にあげると病気や怪我の頻度が高くなる7歳以上から加入できなるところもあり、10歳以上となると多くの保険会社で加入できなくなってしまいます。老後を考えて保険を考えるのであれば、加入できる年齢のうちに検討しましょう。
加入さえしておけば、継続可能年齢は終身条件が多いので安心です。

ペット保険は本当にお得なのか

ペット保険は毎月定額を支払うことで万が一に備えることができます。
月々の費用は加入するペットの状態や契約プランによって異なりますが、安ければ数百円、高ければ1万円以上にもなります。基本的には血統書付きのペットや高齢のペットほど高額になります。ペットサイズによっても費用は異なり、大型になるほど高くなります。
年払い割引やインターネット割引など、各種割引キャンペーンも行われているので、賢く利用すれば費用を抑えることもできます。
万が一のために保険は活躍しますが、ペット保険は掛け捨てが基本です。
そのため保険料と万が一の治療費を比べたら、結果的に損なのではと考えてしまう飼い主さんもいることでしょう。
しかし、万が一に備えて貯金を続けるのは中々難しいことですが、指定の保険料さえ支払っていれば、いざというときの安心は確実です。
保険に加入してもペットに病気や怪我がなく元気であることが一番です。
金銭的損得を考えて保険を考えるのではなく、万が一の安心を考えて、保険を検討してみましょう。