ドッグフードは何を基準に選ぶべき?

大切な愛犬が毎日食べるドッグフードはできるだけ健康に良いものを選んであげたいものです。
けれど、商品がたくさんありすぎて、どれを選んだら良いのかと悩んでしまうこともあるでしょう。
愛犬の健康のためを考えるとしても、いったい何を基準にしてドッグフードを選んであげたらよいのでしょうか。

原材料は何が含まれているか

ドッグフードは必ずしも良質な材料が使われているとは限りません。
人間が口にする食品ほど、ドッグフードの原材料には厳格な決まりがないのが現実ですから、言ってしまえば、品質が低い材料が配合されているのも事実です。愛犬の健康を考えるのであれば、できるだけ品質の高い原材料を使用したドッグフードを選びましょう。
犬は肉食動物ですから、肉類ならば何でも大丈夫というわけではありません。品質の低い肉では栄養に欠けることもあります。
特に子犬や高齢犬のように消化器官が安定していない犬に与えるとしたら、負担が大きいことも考えられます。
また肉と表記されていても、実際は骨や血液、内臓などを加えて加工していることもあります。どんな肉が含まれているのかも、原材料で確認しましょう。
ドッグフードには肉類以外も使われることがありますが、犬によっては相性が悪いこともあるので注意してください。
定番としては穀類がメインのドッグフードがあります。
肉食が基本の犬ですから、穀類は消化器官に負担が大きく、栄養を上手く吸収することもできなくて調子を崩してしまうこともあります。
また穀類には炭水化物が大量に含まれているため、肉類のドッグフードよりも肥満になりやすいです。
その他、トウモロコシや小麦などの穀類をアレルギーとする犬が多いのも注意すべき点です。
食べさせても問題がないとしても、食べ続けることでアレルギーを発症してしまうこともあるので、今は食べられるから今後もずっと安心とは限りません。もちろん、絶対に穀類はアレルギーを発症するので食べさせるべきではないとは言い切れません。

安全性の高いドッグフード

ドッグフードには強力な合成添加物が含まれていることもあります。これが負担となり調子を崩してしまう犬もいるので気を付けてください。
ドッグフードに合成添加物が含まれている理由は、長期保存できるようにするためと、味を高めて美味しくたくさん食べられるようにするためです。人間が口にする食品に含まれる添加物と目的は同じです。
ただ、ドッグフードの品質を保つために活躍しているものの、毒性があり口にさせるべきではないと注意を促す獣医がいるのも事実です。
毎日同じものを食べ続けると体によくない成分が蓄積します。直ちに影響はなくとも、将来的にあらわれる何らかの原因になる可能性もあります。体の小さいほど影響が大きくなるので、特に小型犬は注意です。
合成添加物の有無は表記されていないこともあります。しっかりと表記してあるドッグフードであったり、特定の検査機関のパスを表記したものを選ぶようにしましょう。
また、どんなに安全性の高いドッグフードであったとしても、賞味期限が切れていたら安全とはいえません。
自分たち人間が口にするものではないのでつい忘れがちですが、ドッグフードにもしっかりと賞味期限があります。期限が切れたらいきなり悪くなって食べられなくなるわけではありませんが、期限が過ぎていくほど安全性は失われていくのは確かです。
安いときに買いだめして賞味期限が切れたのにも気が付かず与えてしまうことはよくあることなので、気を付けましょう。

ドッグフードの値段も重要な基準

ドッグフードの値段はピンからキリまであります。
良質な原材料を用いて安全性も高いドッグフードとなると、どうしても値段は高くなってしまいますが、高ければ高いほど健康的なドッグフードとは限りません。
上記で紹介したポイントに注意して選ぶだけでも、リーズナブルなドッグフードの中からでも愛犬にピッタリのドッグフードを見つけることもできます。
ただ、安いドッグフードには安いだけの理由があります。原材料や安全性に問題がないとしても賞味期限が近すぎる理由で安いこともあります。
安さで選ばず、かつ高額過ぎて負担とならない金額のドッグフードを選びましょう。