ペットに与えるお水は何がおすすめ?

日本の水道水の品質は大変優秀ですが、それでも市販のミネラルウォーター等と比べてしまうと、もしかしたら悪いことがあるのではないかと心配される方もいることでしょう。
ペットにおいても同じことで、人間と変わらず水道水以外に拘った方が良いのか、それとも水道水で問題はないのでしょうか。
どんな水がペットにおすすめなのかを紹介してみましょう。

健康を害する心配はない水道水

昔から多くの方がペットに水道水を飲ませてきたことと思いますし、現在でも水道水を与えたからといって、ペットに重大な問題が起きてしまったという事例はありません。
著しく健康を害する恐れを避けるためという目的で水道水を飲ませるべきではないとお考えであれば、その心配はいらないでしょう。
ペットに水道水を与えても問題はありません。
水道水は健康に悪く味が悪いということも昔から言われ続けていますし、近年では放射性物質も懸念されていますが、厳格な検査をクリアした上でなければ水道水として利用することはできません。水道管内の劣化により不純物が含まれてしまうことはありますが、蛇口にフィルターを装着することで取り除くことができます。
人間はもちろん、ペットも安心して口にできるのが、日本の水道水なのです。
また意外に思われるかも知れませんが、安全レベルの消毒成分が含まれている水道水は市販のミネラルウォーターよりも長く衛生が保たれます。
器に水を入れて常に飲めるようにしておくペットの水やりでも、安心して利用できます。

ミネラルウォーター

水道水より栄養が豊富で健康に良いとされるミネラルウォーターは、人間同様にペットにも同じ期待が持てますが一点注意が必要です。
水道水に含まれる消毒成分、不純物の影響がありません。
味がクリアで美味しくいただける点も、人間と同じようにペットも感じていることでしょう。
ただし、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれる硬水をペットに与えると、尿管結石のリスクを高める恐れがあるので注意が必要です。
軟水であれば硬水のような心配はありませんので、ミネラルウォーターを選択するときは硬度を確認しましょう。
また、ミネラルウォーターは衛生にも注意してください。
水道水は消毒成分が含まれているため、長期間衛生を保つことができますが、ミネラルウォーターは消毒成分が含まれていません。ペットボトル等の口を開けて一度外に出してしまえば細菌が繁殖しやすく、放置させ過ぎたミネラルウォーターをペットが口にすると健康を害してしまう恐れもあります。
ミネラルウォーターをあげるときは、器に溜め置きはせずに、その都度飲み切れる量を与えるようにしましょう。
硬度別ミネラルウォーター⇒参考サイト

最近ではペット用の水素水がある

水道水は安全で、ミネラルウォーターも高度と衛生に気を付ければペットにも美味しい水となります。
ではそれ以外の水をペットに与える場合はどうでしょうか。
最近では活性酸素を抑制して健康美容効果が得られるとして水素水が注目されています。
はたしてペットにも同じような効果が期待できるのでしょうか。
医学的にはペットに水素水が具体的な健康美容効果を与えて、寿命を延ばすような結果は得られてはいません。
ただ、ペットに水素水を与えることでアレルギーやアトピー症状を抑える効果が期待できると注目する獣医もおり、ペットにおいても水素水が注目されているのは事実です。ペットも人間同様に活性酸素の増加によりあらゆる疾患が出てしまうと考えられています。実際に病気を抱えるペットに水素水を与えた結果、食欲が出て活動的になったことで症状も和らいだというケースもあるようです。

何らかの疾患を抱えている、また前もって予防したいという場合は、水素水を与えてみるのも良いでしょう。
ただし、病気のペットに与える場合は、自己判断だけでなく獣医の意見も参考にしてください。

ペット用水素水はこちら⇒参考サイト