人間だけじゃないのです。

尿路結石、、一般的に人間の男性によく聞く泌尿器系トラブル
  
というイメージですよね。
  
ところが、尿路結石は犬によくみられる泌尿器系トラブルにあげられているのです。
これは肝臓、輸尿管、暴行、尿道といった尿を作り出す器官の
どこかに石ができてしまう病気です。
  
そもそも尿路結石が何かというと、
尿は体の週にひとつずつある腎臓で作られて、輸入感を通って暴行にたまり、
尿道を通って体の外へ排泄されます。
この尿の通り道のどこかに石ができて詰まってしまい、
尿が出なくなったり、血尿がでたり、痛みを感じたりすること。
  
石といっても尿中のミネラルとたんぱく質が固まってできるもののことで、
感染症などで尿路の壁からはがれ越智ら細胞が核となり、
ミネラル等が周囲に固まって結石になることもあるのだそうです。
  
  
そして、その尿路結石ですが、できる場所によって名前が違うのです。
  
■腎結石
  
腎臓の中にできる結石のことです。
原因は不明で、結石ができても症状に出にくく、飼い主さんが気づかないままだったりするようです。
結石の数が増えたり、細菌感染を起こすと腎臓の中心部「腎盂」
という場所に炎症が起こり「腎盂腎炎」になります。
ここで初めて気付く飼い主もいます。
  
■尿管結石
  
腎臓で作られた尿を暴行へ送り出す管の中にできる結石です。
非常に細い管のため、ここに結石ができると強い痛みが起こります。
腹痛で犬がうずくまったり、尿がでない、血尿といった症状があるので、
いつもと違う様子が伺えます。
  
  
■膀胱結石
  
尿路結石の中で1番多い結石がこの膀胱結石。
最近感染やバランスの悪い食事、水分不足や加齢が原因といわれています。
結石の主成分もさまざまで、犬種によってできやすい結石もちがうのだとか。
  
<膀胱結石になりやすい犬種>
ミニチュアシュナウザー
チワワ
ダルメシアン
ヨークシャー・テリア
ダックスフンド
  
人気の犬種がこんなに・・・ご自宅のわんちゃんは大丈夫ですか?
  
■尿道結石
  
膀胱と体の外を繋ぐ尿道にできる結石で、
尿道が細いオスの方がかかりやすいと言われています。
  
結石によって尿道がふさがり、尿をする体勢をとっても尿がでません。
たいてい、膀胱でできた結石が詰まることが原因です。
  
尿道を塞いだ結石は膀胱内へ押し戻してから取り出す治療が行われます。
  
きちんと治療方法がありますので、症状がでているワンちゃんを
きちんと守ってあげてくださいね。
  
治療法は以下のとおり。
●結石溶解療法食による治療
食事を専用のフードに変えて結石を溶かすというもの
  
●切開手術による治療
結石のサイズが大きい、他の症状が出ていて緊急の治療が必要、
腎臓を摘出するといった場合は外科で手術
  
●自然は移設を待つ
結石を超音波で粉砕し、砂上にして尿と一緒に体外へ排泄されるのを待つ
  
●食事療法
結石を取り出したあとになりますが、再発防止のために
腎臓病に配慮したフードに切り替える。
こうした食事はシニア犬の結石予防にも役立つので、
シニア犬になったらフードの質を見直しておくと予防になります。
  
  
おやつが大好きなワンちゃんだと腎臓病を考えたフードを
嫌がるかもしれませんが、しっかりケアしてあげてください。