犬の熱中症だって危険!

夏になると怖いのが熱中症。
ぐったりして、体調も悪くて良いイメージは何もないですよね。
でもそれ、人間だけじゃないのです。
飼っているワンちゃん、、、大丈夫ですか?
  
  
[熱中症を起こしてしまう原因]
  
1.蒸し暑い日に車内での留守番
2.閉め切った室内での留守番
3.蒸し暑い日に屋外で過ごす
4.蒸し暑い時間帯に散歩する
  
  
[熱中症になりやすい犬]
熱中症になりやすい犬種や傾向もある程度わかっているようです。
  
1.短頭種の犬
シーズー、ペキニーズ、パグ、ブルドッグ、フレンチブルドッグ
  
2.北方が原産の犬
シベリアンハスキーやサモエドなどの北方の原産の犬は、
熱い被毛を持つため、寒さに強い反面、暑さに強いとはいえず、
熱中症になりやすい犬種です。
  
3,太っている犬
肥満気味の犬は、皮下脂肪が体内の放熱を妨げる要因となるため、
体内に熱がこもりやすくなります。また、首のまわりについた脂肪によって、
呼吸機能が低下するので、呼吸による体温調節が難しくなるため、
熱中症になりやすい傾向がみられます。
  
4.子犬や老犬
体の生理機能が未発達の子犬や、逆に衰えていることが多かったりする老犬は、
体温調節が上手くできないため、熱中症になりやすい傾向が見られます。
  
5.心臓や呼吸器が弱い犬
心臓疾患や、器官虚脱といった病気を患う犬の場合、
循環機能や呼吸機能が上手くできないため、体温調節が難しく
熱中症になりやすい傾向が見られます
  
  
[犬の熱中症の応急処置について]
  
1.意識がある場合
まずは体を冷やし、水分補給をする。涼しい場所に移動する。
冷水で濡らしたタオルで体の動脈の通っている頭やわきの下、
内股のつけねを冷やしたり、風呂場や流し台で体全体に冷水をかけるなどして、
体温を下げることが最も大切です。また、体温は下げすぎないようにすることも
注意して下さい。こまめに体温測定を行って、通常の体温である39度まで
下がったら冷やすのをやめて、すぐ病院につれていき、獣医師の診察を受けさせてください。
  
2.意識がない場合
すぐに身体を冷やしてから、動物病院と連絡を取り、一刻も早く動物病院に連れていって
獣医師の診察を受けるようにしてください。体を冷やすといった応急処置を
行わず病院へ向かってしまった場合、途中で症状が悪化する可能性が
大いに考えられます。まずは体をひやして応急処置することを忘れず行うようにする
  
3.必ず病院で診察を
症状が落ち着き、平常に戻っていても、必ず病院で診察をうけるようにしましょう。
一見、問題ないように見えていても、体内の循環器や臓器がダメージを受けていて
後日、容態が急変してしまうなんて場合もありますので注意が必要です。
  
  
[熱中症の予防]
1.屋内の場合
室内の風通しや、直射日光が当たらないように気をつけるほか、
エアコンなどを利用して、室温が高くならないようにします。
ケージの中に入れる場合は、設置場所を十分考えましょう。
窓際はエアコンを入れていても高音になるし、逆にエアコンの冷気が直接当たる
場所は冷えすぎになります。また、万が一のエアコンの故障や停電に備えて
十分な水分補給ができるよう、飲み水の量や置き場に注意しましょう。
  
2.屋外の場合
日中、屋外に連れだすときは、炎天下に避け、水に濡らした犬用シャツを着せたり、
クールグッズを利用することも効果的です。外飼いの場合は、ハウスを風通しの
良いところに設置し、日除けなどで直接日光を防いで下さい。
リードで繋留する場合は日陰の涼しい場所を選んであげましょう。
また、十分に水分補給ができる環境も忘れないようにしてください。
  
3.車内の場合
車で出かけた場合は、車内に放置しないでください。
どうしても犬を同伴できない場合は、エンジンを切らずエアコンで車内の温度が
上がらないようにするか、日陰や風通しの良い場所を選んで繋いでおくようにしてください。
その場合でも、必ず誰かがそばについてあげることが大切。
また、水分補給も忘れないようにしてください。
  
  
犬も人間と同じように熱さや寒さを感じるので、人間と同じように汗だくに
なったりはしませんが、よく様子を見ておいてあげることが大事ですね。